ライバル不在で競争心が低下する!?

クラスの成績表などは貼り出されない

塾でテストを受ければできるだけ高得点を取りたいでしょうし、できれば同じクラスの他の生徒に負けたくないでしょう。集団指導塾では学力別にクラス分けがされていて、それぞれのクラスでテストが行われると成績表などが貼りだされたりします。それを見てもっと上に行きたいと思ったり下に落ちたくないと競争心が出てくればより成績が上がる可能性があります。個別指導塾は学力別のクラスはなく、個人ごとに決めた目標に従って勉強をしていいくスタイルです。一応同じ目標の子などはいるのでしょうが、それらの子の存在を感じにくい環境の中で勉強をしていかなければいけません。ライバルに負けない気持ちだけで成績向上を狙う子にとっては必ずしも良い環境にはならないでしょう。

同じ目標の子との交流が難しい

集団指導塾では学年ごとや学力ごと、さらに志望校ごとにクラス分けがされるときもあります。志望校ごとのクラスであれば同じ学校への入学を目指す子が隣の席にいるので、その子たちをライバル視しながら勉強できますし、同志として励ましあいながら勉強したりもできそうです。個別指導塾には学力別のクラスなどはなく、同じ教室で授業を受けている人たちの目的などはバラバラです。目的が違う子に対してライバル心は持ちにくいので、周りの子に負けないよう勉強するなどは難しいでしょう。同じ志望校の子が誰なのかがわからないので、その子との交流もしにくくなりそうです。一人で地道に勉強していくのが難しい子にとっては厳しい環境になる可能性があります。

中学受験の個別指導は、1人1人に合った学習のペース進め方が出来るので少し授業料は割高ですが、それに担った結果が期待できるでしょう。